日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

沖縄離島への旅

旅行

沖縄離島への旅
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

宮古島を巡る

宮古島

出典 http://encrypted-tbn1.gstatic.com

宮古島は沖縄本島から南西に約300kmの地点にあり大小合わせて6つの島があります。
宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島からなり総面積は204平方kmで人口は約55,000人の方々がほぼ平坦な土地に住まわれている。山岳部は少なく大きな河川もなく、生活用水のほとんどが地下水で賄われているため、水は貴重で地下水と環境を守っていくために「エコアイランド宮古島宣言」をしている。

気候は亜熱帯海洋性気候の高温多湿で四季を通しても平均気温が23度、湿度も80%と暖かい。
また、島全体で「スポーツアイランド宮古島」として活気ついていて、各種スポーツ団体の合宿やプロ野球のキャンプ等が行われ、毎年開催される国際的規模のイベントともよべる全日本トライアスロン宮古島大会なども行われる。

「宮古(ミヤコ)」という地名は、元は「ミヤク」であったと考えられている。

池間島(字池間・字前里)・狩俣地区(字狩俣)に残された600年以上の歴史を持つアヤグ(宮古方言での詩歌のこと)によると、ミヤクとは「人(自分自身)の住んでいる所(地域・集落)」という意味である。この場合、言葉の由来は言葉の音によって「ミ(自分[?])」「ヤ(住んでいる)」「ク(場所・村)」の意味に分けられる。[?][no sources]

後述にあるように「麻姑山」と琉球王国時代には呼ばれており、約400年前にさかのぼる宮古上布は苧麻からつくられていることから、麻織物で築いた評判を由来とし、麻姑(mako)から宮古(mjɑːku [宮古方言])と推移したとする説もある。[no sources]

万暦33年(1605年)の『温州府誌』には、1371年に「婆羅公管下密牙古人(ブラコウカンカミヤコジン)」が温州永嘉に漂着したと記述されている。「密牙古」は宮古島のことであり、婆羅公は宮古の保良を拠点とした首長かもしれない、など種々の解釈がなされているが、真相はかならずしも明らかではない[2]。また、明代初期に書かれた元史にも同趣旨の記述があるが、「密牙古」とは書かれていない[3]。

16世紀頃から、宮古島に住んでいた人々は、自らの住んでいるところをミヤクまたはヒサラ(またはピサラ、平良。なだらかの意か)と呼ぶようになり、一時期は「ひさら島」とも呼んだ。しかし、ひさら(平良)が荷川取・西仲宗根・東仲宗根・西里・下里の5ヵ村(字)を指す名称として定着するようになると、再び島全体が「みやこ」という名称で呼ばれるようになった。

「みやこ」の漢字表記は、「密牙古」「麻姑」「宮古」と様々な当て字がなされた。

琉球王朝時代に宮古は麻姑山(まこさん)、太平山(たいへいざん)とも呼ばれた。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

池間島でダイビング

池間島

出典 http://encrypted-tbn0.gstatic.com

池間島は人口682人の島で宮古島の北西1.5kmにあります。島の周りは「干瀬」ビジと呼ばれる珊瑚礁に囲まれて絶好のダイビングスポットとして有名なところでもあり、産物は鰹節がこの島の特産品です。
スポットとしては、池間大橋(宮古島と池間島を結ぶ全長1,425mの橋)先島諸島火番盛-国の史跡(島々に点在する遠見番所群で1644年頃の薩摩藩の要請により造られた火番盛の史跡)ユニムイ湿地(池間湿地とも呼ばれおおよそ38haの広さで日本の重要湿地500に選定され島全体が鳥獣保護区に指定されている)などが有名である。

Wikipedia参照

琉球時代を彷彿させる風習が近年まで残されていたため、民俗学においても注目されている。

琉球王国時代(16世紀頃から)の御嶽信仰の風習を今でも色濃く残していることで有名である。大主神社(ウハルズ御嶽)には、池間島民より選出された五人の司(祭祀儀礼を行う女性)を中心とした祭祀集団が形成されている。

元(ムトゥ)と呼ばれる氏神をまつる場所が四箇所(真謝元・マイヌヤー元・上げ升元・前里元)があり、「ミャークヅツ」という祭りを毎年、旧暦の九月に三日間執り行う。元(ムトゥ)には、男性の祭祀集団が形成されており、祖父から父・父から子の順に祭祀集団が形成されてきた。なお、各ムトゥへの入会が認められてムトゥ・ヌ・ウヤになれるのは数え55歳からである。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

来間島

来間島

出典 http://encrypted-tbn2.gstatic.com

来間島は宮古島から南西1.5kmに位置し面積は2.84k㎡の小さな島で小さい集落とサトウキビ畑や果実畑が広がるのどかな景観の島で何もかも忘れて散歩するには最適の島でしょう。

スポットとしては竜宮展望台(来間島一番の観光名所)や来間大橋(全長1690m)、ガジュマル展望台、史跡と文化では来間ガー、スムリャーミャーカ、天乞座のデイゴ、タコ公園などがある

詳しくは下記参照

来間島は宮古島の西に位置する小さな島。宮古島の与那覇前浜から来間大橋を通って車で5分くらいで行ける。来間島の中には、こじんまりとしたのどかな集落もある。島の景観はサトウキビ畑などの農村風景。
そして、来間島の西側には、きれいな白砂ビーチがいくつかあって、どれもプライベート感のあるビーチがある。
来間でのんびりとするには最適で、ボーっとしているとついつい眠たくなってしまうかもしれない。

出典 http://shimanosanpo.com

伊良部島

伊良部島

出典 http://encrypted-tbn1.gstatic.com

佐和田の浜(さわだのはま)は、沖縄県宮古島市の伊良部島北西部から下地島北東部にかけての海岸。日本の渚百選に選定されている。

遠浅の浜に多数の巨岩が点在し、独特の風景を呈する海岸である。これらの巨岩は、やや南の下地島西岸にある帯岩と同じく、1771年4月24日(明和8年3月10日)に起きた八重山地震の津波(明和の大津波)で運ばれてきたものであるとされる。

伊良部島、下地島を代表する海岸のひとつであるが、遠浅で水深が非常に浅いため游泳には適さない。

女子十二楽坊の『輝煌』のプロモーションビデオでのメンバーが海中で楽器を演奏するシーンはこの海岸で撮影された。

この海岸の下地島側には下地島空港があり、誘導灯が海中に突き出している。また、空港そばには、干潟に石垣を積み上げ、潮の干満で垣の内側に取り残された魚を捕る漁法に用いられる魚垣(かつ、ながき)が残っている。魚垣は、未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選に選定されるとともに、旧伊良部町の文化遺産に指定されている。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

国内旅行ランキング1位は沖縄 離島‼︎

トラベルライターオススメの国内旅行地

ヒゲの未亡人国内旅行

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう